防犯意識を高く持つ

鍵ひとつで変わる

作業員

私たちの住まいには必ず鍵がついています。玄関や窓などに鍵を取り付けることによって、外からの侵入を防ぐとともに、守られているという安心感を実感することができます。外出する際には玄関の鍵を閉め、しっかりと確認してから家を出るという人も多いことでしょう。しかし、長いこと住んでいるとドアの鍵が故障することもあります。その場合、ドアの修理を依頼することになります。ドアについている鍵も最近ではさまざまなものがあります。ただ施錠するだけのドアではなく、二段階の鍵がついていたりチェーンロックを追加したものもあります。なかにはカードキーのような使い方ができるものあり、昔と比べて大きな進化を遂げているのがわかります。修理を依頼する際には、防犯を意識した修理が人気です。人気の理由としては、やはり外から侵入されることのない安心感が挙げられます。自分が家にいる間はもちろん、外出している間に誰かが家の中に入る、いわゆる空き巣を防犯するという意味でも、修理の際にはより防犯を意識したドアや鍵を選択するのが良いかもしれません。鍵の修理や交換を行う場合には、専門の業者に依頼するのが一般的です。安心と信頼を守るために、無開封の状態で鍵を持ってきてくれる業者もあります。本当に信頼できるのか、どこかの使い回しの鍵ではないかという不安が無くなるため、嬉しいサービスです。そのように信頼できるサービスを利用することで、安全で平穏な毎日を過ごすことができるでしょう。

種類や素材に注目する

作業員

玄関ドアは修理業者に依頼して交換してもらう事で、住宅の防犯性を高めたり断熱性を高める事ができます。玄関ドアは様々な種類があり、それぞれ特徴が異なるため、修理を依頼する時にはドアの種類を把握しておくことが大切です。最も普及しているタイプが片開きドアで、他の種類よりも価格が安いため、修理で交換してもらうときの費用を抑えられます。また片開きはデザインや色が豊富なので、修理で交換してもらう時に選べるドアの選択肢が多いです。開口部が狭いため防犯対策としても片開きドアは適しており、防犯性の高い製品が多く販売されています。両開きドアは開口部が広く、車椅子の人でも安全に利用する事ができるため、バリアフリーを進めている住宅が修理で交換しています。両開きドアを修理で取り付けるには、玄関に広いスペースが必要になりますが、大型の家具や家電でも問題なく搬入できます。両開きタイプは開口部が広いため、防犯性を高めるときには使われている素材に注目して、強度の高い材料が使われている製品を選びましょう。引き戸は和風住宅との相性がよく、強度が高いため他のドアよりも防犯性に優れています。また引き戸は開けた状態で維持する事ができるため、幅の広い製品を選べば車椅子になった時でも便利に使えます。玄関ドアの素材は多数ありますが、防犯性に優れているのは金属製の素材で、逆に防犯性に劣るのはガラス製の素材になります。そのため修理で防犯性を高くしたい時には、ガラス製よりも金属製の素材を選ぶことが重要です。

防犯対策は万全か

ドア

今でも空き巣の被害は少なくありません。空き巣の被害にあってしまう1つの理由としては、鍵を閉めていないという事です。家に居るから大丈夫と思い鍵を開けている方がいますがとても危険ですので注意してください。昔の家の鍵は安全性が低く危険です。作りが現代とは違い単純なのと、劣化してもろくなるからです。なので手持ちに余裕があればドアの鍵を修理または交換することをお勧めします。まず修理をすることにより鍵の閉まりがよくなりガタつきも無くなります。鍵やドアにガタつきがあった場合鍵を閉めていてもガタを利用して開けられてしまう恐れがあります。次に鍵やドアを交換することで防犯対策になります。修理に比べて鍵やドアの物自体を変えるからです。ドアを丈夫な物にして侵入を出来なくしたり、鍵を複雑にすることにより侵入される確率をかなり低くすることが可能です。家によりますがの表側と裏側にドアがある場合があります。この時裏側のドアは特に注意が必要です。凄く単純に作られている事があり、トイレの鍵のような形状をしています。これは泥棒にとってはラッキーな事なので気をつけてください。家というのは安全で安心して過ごせる環境でなければなりません。その為には日頃から鍵を閉めているか確認する必要があります。ドアだけではなく窓の鍵も注意して確認してください。もし窓がガタガタになっていた場合は直ぐに修理をした方が安全で安心です。私は大丈夫と思わず過ごす事が大切です。