鍵の交換で防犯対策

すぐにできる防犯対策

ドアの修理

家のドアが壊れてしまった、鍵がかかりづらい時に修理を先延ばしにしてはいけません。すぐに修理をすることが一番の防犯対策になります。自宅の鍵を紛失してから対策を怠ったせいで、数週間経ち忘れた頃に空き巣に入られるケースも少なくありません。自宅の鍵が古いタイプの場合、ピッキングなどの技術を使い空き巣などに数秒から数分で突破される可能性が高まります。ドアの修理を頼む際は古い鍵から電子錠などの新しいタイプの鍵にしたり、鍵を今までのものに加えもう一つ付け1ドア2ロックの状態にし、鍵を開けるのに時間がかかることを空き巣にアピールできるように変えるのが良いでしょう。具体的には今まで使用していた鍵がシリンダー錠であれば防犯性に優れたディンプルキーに変えることなども対策になります。またドアノブの緩みや開閉のスムーズさ なども一緒に見てもらうべき点です。鍵のプロである鍵屋さんに頼むと防犯対策がきちんとした修理方法を提案してもらえます。賃貸マンションなどにお住まいの場合は一度大家さんに相談してみるのも手段の一つです。他にも窓ガラスを強化ガラスに変えるなどの防犯対策もありますが、やはり家の玄関の防犯対策をきちんと考え直すことは家全体の防犯対策の中でも最も効果を発揮するものです。鍵の総取り換えは費用が数万円から十数万円ほどかかります。決して安くはありませんが、長く住んでいて鍵が古いままの方は、安全のために自宅のドアの鍵の種類をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

防犯の要は鍵

女性

バブル期からの日本では不景気や物価の高騰などにより、低賃金で働くパートが増えるなどの労働条件の悪さなどがニュースで取り上げられています。そういった世の中になると増えてくるのが空き巣や窃盗などといった軽犯罪です。軽犯罪を防ぐ方法は、狙われる側が防犯意識を高く持ち、自分がいかに狙われないようにするか考え、防犯対策を行う事が一番大切です。例えばひったくりを予防するためには、携帯電話で話しながら歩くことをやめたり、イヤホンやヘッドホンなどの音量を下げる、道路側になるべく歩かず鞄の持つ側に気を付ける、自転車のかごには網をかけるなどがあります。空き巣もまた防犯意識を持って対処することが可能です。賃貸物件ではドアの鍵を変えることや、ドアの修理を行う事も防犯対策になります。鍵を交換したり修理することで、以前の持ち主からの万が一の侵入を防ぐことが可能です。また、悪質セールス犯は高齢者や以前に騙されたことのあるお宅のドアにしるしを書き込むこともあります。そういった書き込みがドアにされているのを確認した場合はすぐに消したり、ドアの修理をすることが大切です。窓も施錠をしたり、一つの鍵だけではなく防犯対策が施されたものに交換したり修理することも大切です。一戸建てに住んでいる場合は、通るたびに音がする玉砂利を敷くことも大きな防犯効果があります。リフォームなどを検討している場合は、防犯にも意識をして修理や交換などを行う事が大切です。

費用もそれほど掛からない

男性

ドアノブが古くなり開閉が困難になった、ドアの蝶番が壊れたなどの理由からドアを修理依頼することもあるでしょう。このドアの修理依頼をするときに気をつけてほしいのが今の防犯性です。空き巣は窓だけでなく、ドアから侵入してくるケースもあります。施錠をしていてもピッキングで開錠して侵入したり、ちょっとした隙間を利用してバールによってドアをこじ開けるケースもあります。修理依頼をするときには、このような防犯対策がしっかりとできているのかを考えてほしいです。防犯対策をするとなるとドアを別のものに替えるなどして、高い費用がかかるのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、一般的なドアであっても、ちょっとした隙間を埋めるアイテムやピッキングが難しい鍵などもあります。部分的に対策をするだけでも十分に防犯対策ができます。バールでのこじ開け対策のアイテムなら6,000円程度で購入ができます。また、ゴミ出しなどの時に施錠をせずに外出する時もよくあります。このようなケースでも空き巣被害に遭いやすいです。最近では通常のドアノブを自動開閉式にしても費用は3万円程度でできるケースもあります。この程度の費用なら手軽に交換できるのではないでしょうか。修理依頼をするときには、以前使っていた状態に修理をしてもらうのではなく、専門業者と相談をしながら、より防犯性の高い状態にしてみてはいかがでしょうか。そのことで、安心できる生活を送ることができます。