故障したらすぐ相談が良い

放っておくと危ないかも

女の人

ドアはお家の出入り口です。
ドアの故障を放っておくと出入りに支障をきたすだけでなく、侵入を企てるものから狙われやすくなります。
故障に気づいたらできるだけ早く修理の依頼をするのが良いです。
鍵のみの交換で修理対応できることもあれば、ドアを交換したほうが防犯性が上がるケースもあります。
建具を扱っているプロの目線で安心安全の修理がおすすめとなります。
ドアが急に勢いよく閉まるようになったり、急に重たくなったりしたら修理が必要なサインです。
ドアクローザーが採用されているドアが一般的になっていますが、故障することもあります。
今までゆっくり閉じていたドアが急に勢いよく閉まるようになったり、重たくて締まりにくい状況では思わぬ事故を誘発し、ケガに繋がりますので早めに対応したほうが良いです。
また、建て付けが悪くなってドアのしまりが悪いときも長期間様子をみずに早期に対応したほうが早めに修理ができるので費用が少なく済むことが多いです。
また、最近では防犯性の高いドアへの交換も人気があります。
玄関の壁を壊さなくても、カバー工法で高品質で防犯性の高いドアに交換可能です。
今、ツーロックを装備したものが侵入者から狙われなず防犯性が高いとして多く採用されています。
表面にガラスを入れた採光タイプや網戸が入っていて開閉でき採風可能なタイプなどそれぞれのライフスタイルに合わせて選べる時代となっています。
カードキーが使えるものもありますし防犯性が高いとして人気のシリンダーキーも選べます。

いろいろな種類のカギ

メンズ

玄関のドアは、毎日の開閉で意外に不具合が起きやすい場所です。
普段の開閉に少し異常を感じるようであれば、早めの修理をしておくようにしましょう。
また、不具合だけでなく長年使用しているドアは、防犯対策をする必要もあります。
古い握り玉式のドアノブは、力が弱くなる高齢者には開け閉めしづらいものとなります。
鍵穴とドアノブが一体化しているので、ノブ自体を外してしまうと容易に開閉できてしまいます。
そこでノブを修理する際は、子供や高齢者でも利用しやすいグリップ式に交換するといいでしょう。
この場合は、ロックを別につけることとなるので、より防犯性を高めるツーロック式がおすすめです。
ドア自体を修理交換するのであれば、最近では電子錠タイプが人気です。
基本的には鍵穴を利用しないので、こじ開けられる心配がなく最も防犯性が高いとも言われています。
電子錠には定期的な電池交換が必要です。
もし電池が切れてしまった場合でも、補助キーでドアを開けることが出来るので安心です。
ただ、玄関ドアによる防犯は、最後の砦です。
更なる防犯性を高めるためには、ドア周囲の防犯対策も一緒に行うことが大切です。
たとえば建物の周囲に防犯砂利を敷き詰めたり、玄関ドアが通りから隠れてしまわないようにするなどの工夫も効果的です。
マンションの場合は大掛かりな修理や対策工事が出来ません。
そこで、サムターンガードを取り付けたり、郵便受けから手が入らないようにするなどの対策を一緒にするといいでしょう。

かけ忘れがなくなる鍵

作業員

戸建て住宅において、もっとも泥棒が侵入する箇所は、実は無施錠の玄関ドアなのです。
約7割も無施錠の玄関ドアから侵入しているというデータもあるのです。
玄関を少し開けておくだけで、家の中に風が通り、過ごしやすい空間が生まれます。
蒸し暑い日本では、こういった工夫で暑さを和らげてきました。
しかしそれを逆手にとって、泥棒は狙ってもいるのです。
そこで、玄関からの心地よい風を、ドアに鍵をかけたままでも感じられる防犯ドアに交換修理することがおすすめです。
採風タイプの玄関ドアは、扉に開閉自由な細い窓がついているのが特徴です。
網戸付きで、開けっぱなしにしていて虫の侵入などもありません。
今までのように風を取り込みながら、防犯対策も行える魅力があるのです。
また、ドアを丸ごと交換修理するのではなく、鍵のみを新しく修理することも出来ます。
最近人気のカギは電子キーです。
カード式や暗証番号タイプなどがあります。
乾電池タイプのものもあり、後付けしやすくなっています。
暗証番号タイプであれば、家族全員が鍵を持ち歩く必要はなくなり、外出先での紛失などの問題もなくなります。
また、オートロック機能を持たせることで、外出時のカギのかけ忘れはもちろん、帰宅後の施錠忘れを防ぐメリットもあるのです。
来客の際は、リビングに居ながらにして、離れた玄関のかぎを開けることも可能です。
玄関の鍵の交換修理は、使いやすいことはもちろん、防犯性を高める効果も強いのです。